Student Voice A La Carte

MBA合格校 / 2016年
Cambridge University
Oxford University
MIT Sloan
INSEAD Business School France
IE Business School Spain
University of Melbourne
William & Mary University

院長先生の耳は「伝説」の耳です!

こちらの院長先生の耳は凄いです。 私のどんな些細な発音のミス、イントネーションの違いを決して聞き逃さず、私の弱点や癖を徹底的に洗い出してくれました。
文章を読んでいてちょっと違う音で発音すると、その瞬間、「今の音違う!」と声がかかるか、先生のペンが動くかどちらかで聞き逃すということは皆無です。

ネイティヴの知り合いに、JLCで発見された私の英語発音の癖などを話すと目を丸くして「確かにそうだ! 言われてみれば君にはそういう癖がある。だから聞き取りづらい時があるんだな。日本人でそのことに気付くなんて、その人はすごい耳を持ってるね」 と感心していました。
毎回のレッスン後は、成長の手ごたえを実感し、なおっているのかな?と疑惑を持ちながらレッスンをなんとなく進めるといった事が全くありません。(そういうスクールにいまだ通っている人達には気の毒ですが…)

英語発音なんて限られた人のみの為の専門分野だなんていう認識はもう通用しないのですね。誰でも気軽に習う事ができ、外国人相手に恥をかく事がなくなるレベルまで習得可能なのですから。
英語を学習する人は、まず発音から始めてみてはいかがでしょうか?

N.O

目からウロコ!!

JLCにお世話になって約1年が過ぎました。

発音のレッスンを受けるのは初めてでしたので、単語レベルからスタートし、先生が録音してくださった発音を家で何度も復習する日々が続きました。先生の綺麗な発音にできるだけ近づきたい! という想いがあるので、毎日の練習がとっても楽しかったです。 初級のテキストが終わり、現在は上級クラスのテキストと並行して速読やエッセイの朗読などの勉強をしています。レッスンはいつも本当に楽しくて、確実に身になっているという実感があります。
なかでも、今日のレッスンは本当に目からウロコでした。

速読の課題を自宅で録音しているのですが、聴いてみると文章がぶつ切り状態で、まさにJapanese English。ネイティブの方が喋っている教材のCDと聴き比べても全然違うため、どうすればお手本のように喋ることができるのか全くわからずにおりました。ところが今日のレッスンで先生からいただいたアドバイスでいとも簡単に解決!

目からウロコ、びっくりでした。

それは・・・「音を切らないで繋げて」という一言でした。
単語と単語をつなげて発音しないから、ぶつ切り状態になってしまうとのこと。
さっそくアドバイスに従って読み直してみたら、かなり英語っぽく聞こえるようになり、自分でもとても驚きました。

毎回感じていることですが、先生の引き出しにはさまざまなノウハウがあるので、瞬時にこのようなアドバイスができるのだと思います。また、一人ひとりのカルテを作り、各自のレベルやスキルに合わせたレッスンを考えてくださるのは、先生のお人柄と生徒を大切に育てたいという愛情だと思います。
これからも先生の引き出しからたくさんの事を学んでいきたいと思っております。
もし体験レッスンにいらっしゃることがあれば、この時の授業をMDに収録してありますのでぜひ聞いてみてください。

M.K.

オマケ! 「目からウロコ」は聖書の中の言葉ですよ!と院長先生が教えてくれました。これも 目からウロコ です。

発音を録音する意義!

私たちの発音は入会時から卒業するまですべてMDに収録してあります。
録音することによって自分の発音の進捗状況が手に取るようにわかるので、それを聞きながらモチベーションあげて勉強しております。
ほとんどの方がそうするように、私は今までネイティヴの CD を聞いて発音をまねしたりして勉強しておりました。でも、院長先生に言わせるとかなり無駄な努力をしていたようです。どの音が正しい音なのかもわからず、自分の音とネイティヴの音が合っているかどうかをチェックしてくれる人もいない中で練習しようとしても無駄です…と言われ本当にそうだと思いました。

もう一つ付け加えたいのが、院長先生の発音の正確さです。

これには本当にびっくりします。リピーティングの時や、録音していただいているときに先生の口を見ていると、最初から最後まで正確にその音の口の形で発音しております。一度なぜそんなに正確に発音できるのかを質問したことがあります。
そしたら「私はプロだから….失敗は許されないのよ。皆さんも発音の失敗はしないほうがいいと思いますよ。」
「失敗しないためにはどうしたらいいでしょうか?」
「それは簡単、不用意に発音しないことです。」

すごくないですか?この会話!
こんな感じで毎回本当に楽しくワクワクしながら授業をして頂いております。

J.T

英語を勉強するなら聖書も勉強しなさい!

私はMBA留学をするためにJLCにお世話になっております。
JLCに入会する前に、他の発音教室も数か所体験レッスンを受けたのですが、こちらの院長先生の第一声は他とは全く違っておりました。一番初めに言われたのは「聖書を持っていますか?」でした。

思いがけない質問なのでかなり戸惑い「いいえ、持っていません」と答えたら、「じゃCNNやBBCのニュースを理解するのは無理ね」と即座に言われ、「では当校に入会するしないにかかわらず、これからでも遅くないので聖書を買ってください。」と言われました。

「欧米人と対等に仕事をしたり理解し合いたいと思うのなら聖書の勉強は不可欠です。なぜなら、彼らの思想や考え方の基本は聖書でありキリスト教がベースになっているからです。」と言われ、全くその通りだと思いました。この一言が決め手になり入会させていただきました。

入会してしばらくしてから、あんなに厚い聖書を今から読むのは大変だと思っていたら、それも見透かされていて、「大丈夫よ、聖書がすぐにわかる虎の巻があるから…この中から気に入ったのを選びなさい」と言って数冊の本を貸してくださいました。

本当に院長先生には驚かされます。発音の矯正だけにとどまらず、一番大事な、知識や教養、留学後のコミュニケーションまで視野に入れて指導してくれるので本当に他とは全く違うと実感し、安心してお任せすることができます。
その上スピーキングのスコアも、19点から24点まで上がりました。

でも最近は先生の一言もレベルアップしてこう言っております。

「英語を勉強するなら、聖書とシェークスピアを勉強しなくちゃね!」

D.F

 

PAGE TOP